銀行であったり消費者金融で利用できるサービスにはいくつかあります。同じようで違いがあることもあります。同じようでも金利が異なるなどの違いが生じることもあるので、内容を確認して契約した方が良いでしょう。

小口利用がメインか大口利用がメインか

毎月給料日前に1万円お金があればいいと感じる人がいるでしょう。一方で、ある月に冠婚葬祭が続いて出費がかさんで困ったとなる人もいるでしょう。この時に金融機関で借入をすることが可能です。複数のサービスがありますが、キャッシングとカードローンとの違いを知っておいた方が良いことがあります。前者は小口利用をメインにしたサービスです。毎月少しを借りて、すぐに返済できる場合に利用します。後者は少し大きなお金を借りて一定期間をかけてゆっくり返済するサービスです。もちろん利用方法は自由ですが、一応知っておいた方が良いでしょう。

一括で返済か分割で返済することが可能か

お金を借りた時は返済をする必要があります。その時の事情によっても異なりますが、少額を定期的に利用する人、大金をたまに利用する人がいるでしょう。少額であれば給料のたびにすべて返済することが可能です。大金だと何回かに分けた方が楽です。キャッシングとカードローンとの違いとして返済方法があります。キャッシングの場合は一括返済が一般的になります。一方カードローンの場合は分割で支払うことが可能な場合があります。ですから、自分自身がどんな借り方、返済をするかで分けないと、困ることもあるので注意しましょう。

金利設定が多少異なる場合がある

借入サービスを利用する時には金利をチェックしなければいけません。同じようなサービスならできるだけ金利が低い方が良いでしょう。よく似たサービスがありますが、厳密には異なる場合があります。キャッシングとカードローンとの違いとしては金利があります。キャッシングはカードローンに比べると金利が低く設定されていることがあります。返済方法として残高スライド方式などを取るために、負担が低くなっているのでしょう。一括返済がメインのカードローンは多少高めになることがあります。ただ、リボ払いができるケースも出てきています。

まとめ

キャッシングとカードローンはどちらもカードを使って借入をします。非常に似ていて同じように扱うこともありますが、返済方法が異なるのが一般的になっています。どんな目的で利用するかで使い分ける必要があるでしょう。