キャッシングのサービスは、審査によってまず利用可能かどうかが決められます。その他に利用限度額が決められます。一般的には最初は低くなっていて、何度も使っていると信用によってアップする場合があります。

審査の結果によって変化することがある

お金が必要で、キャッシングサービスの申し込みをすることがあります。その後に審査を受けることになり、無事審査に通ればカードなどを渡されて利用することができます。この時に設定されるのが限度額です。金融機関によって金額が記載されているので、その額を利用できると考える人もいるでしょう。500万や1千万などと記載されていることもあります。それはその業者が行う最上限であって、すべての人に適用される額ではありません。それぞれの人の額は、審査によって決まります。又初めての利用ではあまり高くありません。利用によって信用を高めると広げることができます。

金融機関で最大限度や個々の限度は異なる

銀行に預金を預けるとき、いくらからこの金利が設定されるなどのサービスがあります。これは各金融機関が独自に決めているので、それぞれで金額などが異なります。預金サービスなら金利も異なります。キャッシングサービスでは限度額が決められますが、金融機関によって最大限度が異なり、さらに個々の限度も異なるのが一般的です。金融機関の最大限度は広告などに示されています。どれだけ信用の高い人でもそれ以上は利用できない額です。この金額が高いからと言って、それぞれの人の額も高くなるとは限りません。これは実際に審査を受けないとわかりません。

総量規制によって決められる場合がある

お金の貸し借りの問題として、多重債務があります。返済のために別の金融機関からお金を借り、結局返済できなくなります。それを防ぐことを目的として総量規制があります。借入をするとき、年収の3分の1を限度額とする決まりです。キャッシングサービスを利用するとき、総量規制がかかる業者のサービスであれば、年収の3分の1以上利用することはできません。主に消費者金融やクレジットカード会社などのサービスになります。一方銀行は総量規制の対象ではありません。規制の法律が異なるからです。銀行では総量規制に関係なく利用が可能です。

まとめ

金融機関では、それぞれサービスの取り決めを行っています。キャッシングサービスの限度額は、各金融機関で最上限を決めています。信用のある人であれば、最上限いっぱいまでなら利用することが可能です。