諸事情により緊急にお金が必要となり、手元に私金がない場合などには、銀行などの金融機関や消費者金融業者などから、カードローンをはじめとしたキャッシングサービスを利用する機会もあると思います。その申し込みの際には、各種提出書類のうち、収入証明書が必要になるケースがほとんどとなっています。

お金を借りる際に必要な収入証明書とは

キャッシングの申し込み手続き時に提出が求められることの多い収入証明書とは、そのサービスを利用しようとしている方の年収や月収などの総収入額が、どれくらいなのかを証明する書類のことを指します。この収入証明書とは、いくつかの種類がありますが、企業に勤めている会社員などの方々では、会社から発行される給与明細書や源泉徴収票をはじめ、所得証明書あるいは確定申告書、納税証明書などによって、自身の収入を証明することができます。また、定年をむかえた年金生活者の方などがその受給額が記載されている年金通知書といったものも、収入を証明することのできる書類に該当します。

借入れの申し込み時には必ず収入証明書の提出が必要か

キャッシングが必要な方々が、キャッシングを利用しようとする先の金融機関や消費者金融業者などのWebサイトなどにアクセスすれば、前述した収入証明書の提出義務があるかないかを調べることができます。また収入証明書は、最新のものを提出するように求められているところが多くなっています。キャッシングを利用される場合には、大きく分けて銀行系消費者金融系・クレジットカード会社系とに分別することができますが、銀行系のケースではほとんどのところが収入証明書の提出を求めています。ただし、借り入れ金額によっては、収入証明書の提出を不要としている銀行もいくつか存在しています。銀行系以外でキャッシングをする場合には、ほぼすべてのところが、収入証明書の提出が必要となっています。

収入証明書の発行手続き方法と注意点

これら収入を証明する書類の発行手続きの方法としては、各自治体の区市町村役場まで行けば、基本的には申請者本人を確認するものと数百円ほどの手数料を支払えば、発行してもらうことができます。会社に勤めている従業員の方々であれば、勤務先から発行される源泉徴収票や給与明細書などといったものが収入証明書として使用することができるため、手間のかかる手続きは不要です。そのため、それらの書類は失くさないように管理しておけば、いざというときにも、速やかにキャッシングの申し込み手続きをすることができます。万が一失くしてしまうと、勤め先の会社から再発行手続きをしてもらわなければならなくなるので、紛失には気をつけるようにしたいです

まとめ

キャッシングの申し込み時に必要な収入証明書とは、借入れを求める申し込み者の収入を確かめることによって、返済能力に問題がないかどうかを金融業者側が見定める書類になります。キャッシングを利用される際には、社会的信用を落とさないためにも、無理のない範囲で計画的にお金を借りて、返済を滞らせないように注意しましょう