キャッシングサービスを提供するのがサラ金で、現在は消費者金融と呼ばれています。大手は銀行グループの安心感があり、中小は独自の利便性があるのが特徴です。その中から選んで利用することになります。

サラリーマンへの小口融資をするサービス

多くの人が利用する借入として住宅ローンがあります。数千万を数十年かけて返済していく借入です。その他企業なども設備投資のために多額の借入を行います。一般的に借入といえば金額が大きくなるものでしたが、個人的にはもっと少額の借入の要望がありました。サラ金とは、サラリーマンへの小口融資をするサービスの総称で、主に消費者金融会社が提供するサービスがこのように呼ばれました。現在は銀行なども同じようなサービスを行っていて、キャッシングであったりカードローンなど親しみやすい呼ばれ方をします。もちろんサラリーマン以外でも利用可能です。

消費者金融会社が提供するサービス

キャッシングサービスは、クレジットカードに付帯しているサービスの他、金融会社が発行するカードを利用して借入を受けるサービスになります。現在提供しているのは、クレジットカード会社、消費者金融会社、銀行などがあります。サラ金とは、その中でも消費者金融会社が提供するサービスになります。完全独立系の会社もあれば、大手銀行グループに属している会社もあります。銀行に比べると金利は少し高めになりますが、審査が緩かったり、審査のスピードが早くなるなどがあります。総量規制の対象になるので、年収によって利用できる金額が異なります。

大手と中小で大きくサービス内容が変わる

銀行が提供するサービスは、かつてはどこもあまり変わらないのが普通でした。最近は金融自由化が進み、各社で競争をしています。特にネット系は独自にサービスを展開しているので、大手よりも使いやすいケースがあります。キャッシングを利用するときは業者を選択することになりますが、サラ金とは消費者金融になります。今は銀行に属する会社と独立系があり、それぞれの会社でサービスが大きく変わります。通常債務整理などをしていると利用することが難しくなりますが、中小のサラ金だと利用できるところもあります。自分に合ったところを選ぶことが可能です。

まとめ

キャッシングを利用することができるのは、クレジットカード会社と消費者金融、銀行です。消費者金融は銀行よりも早く利用することができるなどのメリットがあり、さらに業者ごとに細かくサービスが異なります。