クレジットカードには限度額が決められています。ショッピング枠とキャッシング枠があり、別々のこともあればまとめられていることもあります。借入を良くするなら、分かれている方が使いやすいかもしれません。

限度額はショッピングと合わせて決められる

クレジットカードの申し込みをすると審査が行われます。審査が終わればカードが発行され、利用基準なども一緒に送付されます。そこには限度額が記載されているでしょう。利用できるサービスには、ショッピングとキャッシングがあります。ではそれぞれに限度額が決められているかですが、カードによって異なる場合があります。ただ多くの場合は合わせて決められています。80万となっていれば、合わせて80万まで使うことができます。ショッピングで50万分使っているときなら、借りるのは30万までになります。ショッピングの支払いをすれば、枠が戻ります。

ショッピングをするとき以外にも使える

買い物をするとき、支払い時にお金を使います。現金の他、最近は電子マネーやプリペイドカードなども出ています。でも比較的古くからある方法としてクレジットカードが知られています。店員に提示をすると処理をしてくれます。その時はお金の引き落としがないので、引き落としまで借りている状態になります。一括で支払うなら金利などはありません。ショッピングにしか使えないと考えているかもしれませんが、キャッシングサービスとしてお金を借りることが可能になっています。お金が足りないときに借りて、返済をしながら使います。

ゴールドか一般かで金利が異なる場合

クレジットカードは、通常は一般カードを作ります。それぞれのカード会社のロゴやカラーが使われていて、場合によっては年会費などが無料になっています。かかっても数千円以内で使えます。一方でゴールドカードと呼ばれるタイプがあります。色は金色で、年会費は1万円ぐらいするところもあります。その代り利用できるサービスも非常に多いです。キャッシングにおいても違いがあり、金利が異なる場合があります。ゴールドはより信用力のある人が利用できるので、金利が低く設定されることがあります。よく利用するなら、ゴールドの方が良いかもしれません。

まとめ

クレジットカードを作るとき、多くの人はショッピング用として使うでしょう。それ以外にキャッシングサービスがあり、借入として使うことが可能になっています。ちょっとした時にお金を準備することができます。