キャッシングを利用するときのコストは金利を見るとわかります。ただ通常は年利で表示されています。1箇月や1週間であれば、期間の割合で利息が決定するので、1パーセントに満たない利息で利用できることもあります。

1週間や1箇月借りたらどれくらい利息が必要か

キャッシングサービスを利用するとき、提示される金利は1年になります。つまりは、1年間利用して返済するときにそれだけの利息を付けないといけなくなります。金額が小さい時には上限一杯になっていることもありますが、そんな利息を払うのは大変と感じることもあるでしょう。実際の借入としては、1週間であったり1ヵ月のことが多いかもしれません。15パーセントの時は、元金の0.3パーセントほどしか利息は付きません。1ヵ月になると、元金の1.3パーセント程度の利息になります。それを高いと考えるかどうかは人によって異なりますが、すぐに返済すれば大きな負担ではありません。

上限は年利で18パーセントになっている

お金を預けても0.1パーセントさえつけてくれるところが少なくなっています。マイナス状態ですから、0パーセントぐらいにしたいのが本音なのでしょう。一方貸し出しに関しては儲ける部分なのでどんどん高く設定します。ただ上限がありますから、その上限を超えて設定されることはありません。キャッシングにおける金利の上限は、年利で18パーセントの所が多いとされています。これ以上がついていればそれは法定外になるので利用するのは良くありません。少ない金額しか利用しない場合には、上限が設定されることが多くなります。

利用する金額によって適用される率が異なる

キャッシングサービスを利用するとき、金利を見ると何パーセントから何パーセントとなっていることがあるでしょう。最初の数字は一けたです。後ろの数字は15や18などです。これは、これくらいの幅で設定されることを意味します。いくら利用したらどれくらいになるかは金融機関によって異なりますが、利用時には提示してもらえます。ATMなどで申し込むと、何パーセントが適用されるかを知ることができるので、チェックしておきましょう。10万円程度であれば最上限ぐらいが適用されますし、50万ぐらいになるともう少し低い率が適用されます。

まとめ

キャッシングサービスには金利が設定されていますが、各社の上限は18パーセントが設定されることが多いです。これは法律で定めらている上限で、これ以上に設定することはできません。業者によってはもう少し低くしているところもあります。