脱毛サロンは勧誘が多いって本当?

脱毛サロンの強引な勧誘被害に悩まされている方は少なくありません。勧誘の多さはあなたがこれから利用するサロンによって変わりますが、いつ強引な勧誘を受けてもいいように、勧誘の実態と対処方法について確認しておきましょう。

利用するサロンによって勧誘の量は変わります

脱毛サロンによって勧誘の量は変わってきますが、一般的に大なり小なり何かしらのサービスを勧誘される可能性は高いです。勧誘はしないと断言しているサロンのなかでも、どの程度勧誘しないかは変わってきます。言葉通り、利用者が申し込んだサービスを実行するだけで、まったく勧誘をしないサロンがあります。

一方で、申し込んだサービスに関連したサービスのみの勧誘を行うサロンや、まったく関係ないサービスの勧誘を行うサロン。関係あるものもないものも含めてたくさん勧誘してくれるサロンがある状況です。サロンによって、「勧誘はしない」という範囲内が変わってくるため、注意しましょう。

おすすめ程度のサービスやコース紹介はどこでもあります

勧誘というよりは、単なるおすすめ程度であれば、気にしない方が多いです。まずは悩みを聞いてもらい、それにあったサービスを選ばなければ、脱毛施術がはじまらないからです。「勧誘をしない」と宣言しているサロンであっても、一般的なコースの案内や紹介程度はあると考えておきましょう。

ただし、その営業方法はサロンによって変わってきます。事務的に対応するのみのサロンもあれば、親身になって最適なサービスを検討してくれるサロン。少し強めにおすすめのコースを押してくるサロンなど、さまざまです。断っているにも関わらず、あまりにも関係ないサービスをおすすめしてくるサロンは利用を見送った方が無難です。

悪徳サロンによる被害状況はさまざまなので注意

「勧誘をしない」と宣言しているにも関わらず、激しく勧誘してくるサロンもなかにはあります。無料カウンセリングを行っていることから、実際に脱毛施術に申し込むかは置いておいて、とりあえず話を聞こうと思ったら、1時間以上も拘束されて勧誘され続けたという事例は少なくありません。また、デリケートゾーンだけ脱毛するはずだったのに、施術当日にほかの部位の脱毛を強引にすすめられる

。お試しだけ申し込んだつもりなのに、本契約するまでいつまでも帰してくれない。施術が終わって帰ろうとしたら、どんどん化粧品を持ってきて、購入することになってしまったなど、被害状況は多種多様です。もちろん、このような悪徳サロンばかりが営業しているわけではありませんが、ちょっとした気持ちでサロンを利用するだけでも、このような被害にあう恐れがあることは理解しておきましょう。

利用したくないサービスははっきり断りましょう

強引な勧誘にあった際には、そのサロンの利用をすぐにやめることはもちろん、断固としてサービスの勧誘を断り続けましょう。そもそも、悪徳サロンが強引にサービスをすすめてくる理由は、強引にすすめればあなたが契約すると考えているからです。「どれほどすすめてもこの人は契約してくれそうにないな」と悪徳サロン側に思わせてしまえば、それ以上は勧誘されることがありません。

逆に、変に遠慮をして曖昧な返事ばかり繰り返していると、「もうちょっと勧誘すれば契約してくれそうだ」と思われてしまいます。利用したくないサービスをすすめられたら、はっきりと断ることが大切です。

勧誘がはじまるタイミングは事前にわかりません

同じ悪徳サロンであっても、強引な勧誘がはじまるタイミングは異なります。施術前のカウンセリングや無料体験で勧誘しはじめるケースもあれば、本契約が締結した直後、施術中、施術後に勧誘する場合もあります。気が緩んでいる思いもよらぬタイミングで勧誘されると、ついついふたつ返事でOKしてしまう恐れがあるものです。

勧誘されるタイミングを事前に把握できればいいのですが、事前に悪徳サロンであることがわかっていたら誰しも利用しません。どのタイミングで勧誘がはじまるかわからないので、サロンにいる間は常に勧誘を断る心の準備をしておきましょう。

消費者センターが解決方法を教えてくれます

強引な勧誘にあって望まない契約をしてしまっても、泣き寝入りせずに専門家である消費者センターに相談しましょう。脱毛サロンに限らず、日々さまざまなサービスで被害にあった方々が、消費者センターに悩みを相談しているからです。悪徳サロンの被害にあっているのはたったひとりではありません。

相談すれば、さまざまな悩みを解決してきた消費者センターがあなたにぴったりの解決方法を提案してくれます。あなただけではなく、これから悪徳サロンの被害にあう方々を助けることにもつながるので、泣き寝入りせずに相談することが大切です。

まとめ

これから脱毛サロンの利用を検討している方であれば、どなたでも強引な勧誘を受ける可能性があります。強引な勧誘を受けることになったら、キッパリ断りましょう。もしも断り切れなかった場合、専門家である消費者センターに相談すると安心です。

案件比較記事のリンク