キャッシング徹底比較5選

初めてキャッシングをする際に、キャッシングについて基礎的な知識を身に着ける必要があります。まず初めて利用する際にはとても不安に思う方もおられます。やはり以前はキャッシング業界と言うと印象が良くないイメージとして捉えていました。しかし今では法整備をすることでルール作りがしっかりしたこともあり、キャッシング業界は健全化が進みました。

ルール作りをしたために、多重債務や自己破産に入り込まないようになりました。しかし借りる者としては返済計画を持つ必要があります。いつまでに返済をして、どれくらい借りるのかを明確にしていれば、借りる時の不安もありません。キャッシングを利用している方は成人のおよそ7人に1人だと言われ、 男女比率としては6:4となっています。年齢層は20代~50代がほぼ同率で月収は20万円以上30万円未満が大多数を占めています。職業としてはサラリーマン・OLが多く、自営業、主婦、学生まで幅広く利用しています。利用の目的も幅広くあり、生活費やショッピング、旅行など多岐にわたっています。

キャッシング会社サービス比較

プロミス

特徴

Webで完結、即日融資、万が一の安心サポートもあります。プロミスは知名度で言えばアコムと並ぶ、業界の雄です。いつでも即日融資可能なサービス、「瞬フリ」があります。最短10秒で振込み手続きを行えます。

使いやすさ ★★★★☆
掲載情報量 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

総評

  • 業界TOPクラスの大手だからこその安心感
  • 即日融資可能なサービス、「瞬フリ」
  • 指定口座の開設で24時間、土日関係なく融資可能
⇐プロミスの公式サイトはコチラ

アイフル

特徴

アイフルはキャッシングにおいてはネットで契約、申込当日でも融資が可能です。貸金業法に基づく計画返済支援として、かりかえMAX、おまとめMAXも好評。アイフルの審査結果は通常、30分から2~3時間程度です。

使いやすさ ★★★★☆
掲載情報量 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

総評

  • 原則、来店不要で誰にもバレずに借りれる
  • 30日間無利息のキャンペーンでリスクなく試せる
  • かりかえMAX、おまとめMAXも好評
⇐アイフルの公式サイトはコチラ

モビット

特徴

三井住友銀行グループのモビット。お急ぎの方はネットの申込以外に簡単便利なローン申込機においてカード発行、新規申込をすることができます。最大の特徴とメリットは、WEB完結型申し込みサービスがあることです。

使いやすさ ★★★★☆
掲載情報量 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

総評

  • WEB完結型申し込みサービスでネットで全ての手続きが完了
  • 三井住友銀行グループという安心と信頼感
  • ローン申込機でもカード発行、新規申込可能
⇐モビットの公式サイトはコチラ

アコム

特徴

三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下のアコム。プロミスと並び立つ、業界の巨頭です。大手銀行の傘下のために借り入れるのも安心です。はじめての方は最大30日間金利0円はお得なサービスです。利用可能額は最大800万円。

使いやすさ ★★★★☆
掲載情報量 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

総評

  • プロミスと並ぶ業界の雄、圧倒的知名度と安心感
  • はじめての方は最大30日間金利0円
  • 各種会員サービスも充実、専用サイトで様々な機能が利用可能
⇐アコムの公式サイトはコチラ

レイク

特徴

レイクは銀行系と消費者金融のそれぞれのメリットを掛け合わせた使い勝手のいいカードローンサービスです。銀行系の安心感と消費者金融のスピード感が大きなメリットです。総量規制の対象外であり、また、2種類の無利息ローンも利用できます。

使いやすさ ★★★★☆
掲載情報量 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

総評

  • 銀行系と消費者金融系のメリットを融合した使い勝手の良さ
  • 総量規制の対象外
  • 2種類の無利息ローンを利用できる
⇐レイクの公式サイトはコチラ

キャッシングをしっかり理解し、上手に使う

キャッシングをする際にいろいろ調べてみるとキャッシング以外にもカードローンと言う名前も聞きます。この違いはどういう意味なのかと言うと、まず結論から言いますと、両者は同じものと考えて問題ないのですが、細かく見ると業界ごとになんとなく使い分けられているのがわかります。例を挙げると消費者金融では、キャッシングとカードローンはほぼ同義語で、どちらも個人向け無担保融資といった意味合いがあります。

もう一方の銀行はキャッシングと言う言葉を使わずカードローンと言う言葉を使っています。消費者金融と銀行の提供している商品は共に、個人に無担保で目的自由の資金を貸し出すと言う点において全く同じでしたが、以前はキャッシングと言う言葉を主に使っていた消費者金融に対する差別化と言う意味で、銀行側がカードローンと言う言葉を使っています。銀行側の意図としては、消費者金融とは違うと言う意味合いが込められています。もちろん、はっきりとは言いませんが、そのような意図があるのです。クレジットカードにおいては使われるキャッシングとローンも少し違います。クレジットカードでも、個人向け無担保融資の商品を取り扱っていますが、キャッシングとローンの2パターンの使い分けが多くなっています。

キャッシングにおいては消費者金融とは少し違い、 翌月一括返済の無担保融資ということになり、ローンと言えば毎月均等額の返済をする無担保融資と言う事を指します。詳しく見るとクレジットカードで5万円を借りる場合、キャッシングで借りた場合には翌月には5万円全額を返済する必要があり、ローンで借りた場合には毎月1万円ずつ返済する形となっています。この形態においても使い分けによって上手に返済をすることも可能になります。キャッシングにおいては総量規制と言う言葉を聞くようになります。2010年に施行された改正貸金法によって、新たに総量規制という規制ができました。

キャッシングにおいての総量規制とは?

総量規制は債務者への過剰貸し付けを防ぐために、債務者が年収の3分の1以上借入ができないように定められた規制です。年収300万円の方は総量規制によって、100万円以上借入ができないようになりました。また新規で50万円以上の借入申込を希望する際には、合計の借入100万円を超える場合の借入申込に関して、所得証明書の提出が義務付けされるようになりました。この総量規制の対象となるのが消費者金融、信販会社、クレジット会社になります。しかし借入する際にこの総量規制の対象外と見なされるキャッシングがあります。それが 銀行系のキャッシングとなります。消費者金融のキャッシングは貸金業法が適用されますが、銀行のカードローンは銀行法が適用されるために、総量規制の対象とはなりません。

銀行法には総量規制という規制が存在しないために、銀行は独自の審査に基づき、返済能力に問題がないと判断すれば 年収の3分の1の借入をすることが可能です。法律でなく独自の判断で利用枠も決められます。そのため消費者金融から複数社借入していて、総量規制の上限まで借入があると言う方でも銀行系のカードローンなら、新規で借入をすることができます。消費者金融と銀行系のキャッシングを比べて、それぞれメリットがあります。消費者金融側はまず審査のスピーディな対応があります。今日でも借りたい場合でも申し込み、審査をすることができ、すぐに借り入れることができるメリットがあります。

30日間無利息で新規の方は借りられるサービスも行っているために、とても便利です。銀行系のカードローンは利用枠の大きさがメリットと言えます。銀行によっては800万円の利用枠をもご用意していることもあり、今後大きな利用枠をお考えの方は申し込みには審査に少し待つこともありますが、持っておく事も一つの手段とも言えます。

キャッシング会社選びのポイント1:即日で借りれるか?

利用するキャッシング会社を選ぶ上で、即日融資に対応しているかどうかはもっとも重要視されているポイントのひとつです。キャッシング会社の利用を検討している方のなかには、今すぐにでもまとまったお金を必要としている方が多いからです。極端なことを申しますと、今日の22時までに12万円必要な方がキャッシング会社を選ぶ際に、融資を受ける際に1日以上の時間がどうしても必要な会社は利用する意味がありません。即日融資に対応しているキャッシング会社であれば、いつでもお金が必要な時にすぐにまとまったお金を借りられるため、いざという時に便利です。

複数のキャッシング会社を比較してみると、即日融資だけではなく、即日審査を宣伝している会社があります。そもそも、即日融資とは、お金の借り入れを申し込んでから、その日のうちに借りられるサービスです。一方で、即日審査とは、審査の申し込みを申し込んでからその日のうちに審査を完了できるサービスを意味します。つまり、キャッシング会社が「即日審査に対応」と宣伝している場合には、融資ではなく審査のみが1日で完了します。即日融資を受けられるかどうかは審査結果や状況によって変わってくるため、注意が必要です。また、即日融資に対応している場合でも、必ずしも申し込んだ全員が即日融資を受けられるとは限りません。例えば、17時まで営業しているキャッシング会社であっても、即日融資を受けるためには13時までに審査を申し込まなければならないケースがあります。お金を用意しなければならない時間までに、確実に融資を受けるためには、即日融資を受ける条件をチェックしておくことが大切です。

キャッシング会社選びのポイント2:お得な無利息サービス

キャッシングする上で誰しも気にするポイントに、利息があります。会社によって同じ金額を借りる場合であっても、大きく利息が異なるため、よく比較されるポイントです。キャッシング会社次第では、無利息でまとまったお金を借りられる無利息サービスが用意されています。無利息サービスを上手に利用すれば、キャッシングを行うにあたって、1円も支払うことなく急場をしのげます。通常の利息と同様に、無利息サービスに関しても、キャッシング会社によってサービス内容はさまざまです。例えば、5万円までは30日間無利息で利用できる会社がある一方で、同じ5万円であっても、180日間無利息でキャッシングできる会社があります。なるべく無利息で高い金額を長い間借りられるキャッシング会社がお得なように感じますが、利用者の事情によって利用すべき会社は変わってきます。

キャッシングを利用する方の多くは、一時的にまとまったお金を必要としている方々です。急場をしのぎ次第、キャッシング会社から借りたお金をすぐに返せば、無利息でなくても、少ない利息でキャッシングできるケースが多いです。一方で、いつまでにまとまったお金が必要なのか、借りてからいつ頃までにお金を返せるのかは人によって変わってきます。そして、無利息サービスを受けられる条件はキャッシング会社によってさまざまです。キャッシングを利用する際には、なるべく無利息サービスを利用した方がお得です。自分の事情を整理しながら各キャッシング会社の無利息サービスの条件を確認し、無理なく利用できる会社を探すことをおすすめします。

キャッシング会社選びのポイント3:知名度の高い信頼できる業者かどうか

即日融資や無利息など、サービスの充実度に加えて、その業者が信頼できるかどうか、しっかりと見極める必要があります。悪徳業者から融資を受けた場合、契約する際に十分な説明を受けられず、想像以上の利息を請求される恐れがあるので、注意が必要です。キャッシング会社が信頼できるかどうか見極める指標として、知名度の高さは重要視されています。テレビやインターネットの広告、街を歩いていれば目に入る電光掲示板などでたくさんの人に名前を知られている大手のキャッシング会社であれば、安心して利用できる可能性が高いです。ただし、意図的に大手キャッシング会社に似た名前と看板を掲げて、信頼できると誤解させる悪徳業者も存在するため、きちんと正式な会社であることを確認してから利用することが大切です。