消費者金融の審査に通らない?「多重申し込み」とは?

多重申し込みは消費者金融のキャッシングに通らない最大の原因でもあります。複数の消費者金融に同時に申し込んでいると、どれだけ年収が高くても、ほぼアウトだと思っていいでしょう。多重申し込みがなぜキャッシングにおいて致命的なのか?その理由を解説します。

 

多重申し込みだと審査に通らない理由

クレジットカードや消費者金融に対し、一度に複数社申し込むことを「多重申し込み」と言います。クレジットカード会社や、消費者金融の審査基準に対する正しい知識がない方は、「とりあえずたくさん申し込みしたらどこか1社は受かるでしょう?」といった、確実に審査を通過したい気持ちの強さから、深く考えずに多重申し込みをやってしまいがちですが、実は大きな落とし穴があるのです……。

 

キャッシングやクレジットカードを初めて申し込むことを検討している方が、まず覚えておくべきこととして、実は短期間に連続して複数の会社に申し込むと、審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

 

審査に通らない理由は、申込件数が多い人=お金に困っている人という見方をされて、「限度額まですぐに使って自己破産されてしまうのでは?」と疑われてしまうからです。多重債務の人はさらに借金を重ねる傾向が強いため、金融機関は非常に慎重になります。貸し倒れリスクを避けるためには疑わしい人を審査に通さないのが一番確実ですから、「多重申し込みの人はお断り」という判断になってしまうのです。

 

多重申し込みになる条件とは

多重申し込みになる基準や条件は、公に「〇件まで」と決まっているわけではありません。クレジットカード会社、消費者金融各社によって基準も違っており、業界内に明確なルールがあるわけでもないため、申し込んでみないとわからないのが現状です。

 

しかし、同じタイミングで複数社(2社以上)に申し込むと確実に多重申し込みになります。クレジットカードでも消費者金融でも、2社以上の同時申し込みは避けてください。多くても半年間に2件程度の申し込みが最大といったところです。

 

多重申し込みは即ブラックリスト入り?

キャッシング、クレジットカード、携帯電話の利用者は、信用情報が信用情報機関に登録されてしまいます。返済延滞や自己破産など、利用者の信用度を低下させるような情報が登録されることを「ブラックリストに入っている」状態と呼びます。

 

多重申し込みもブラックリストに該当します。様々な金融会社に同時に申し込みすればするほど、審査に落ちる確率が高まるという泥沼にはまる、負の連鎖反応が起きてしまうのです。

 

どれくらいの間隔を空けて申し込みを行うべきかどうかの目安として、1社申し込んで審査に落ちたら半年以上の期間を開けてもう一社申し込む」くらいのペースで申し込んでください。

 

自分が審査に落ちる可能性が高まるブラックな情報があるのかどうかを、申し込む前に知る方法も存在します。それは、CICJICCなどの信用情報機関で開示してもらうことです。個人の信用情報は、原則として自分に関することであれば、開示請求を行えば閲覧できます。

 

やり方は、各期間の窓口での閲覧や、スマートフォンでの申込みや郵送で受け付けています。申込者の信用情報が書かれた書類を発行する手数料は1,000円程度。数万~数十万円を借りるためであれば、このくらいの出費は仕方ないと割り切って我慢しましょう。

 

開示請求を行った日から数えて1週間から10日程度で自宅に書類が送られてきますが、事情によりもっと早く自分の信用状態が知りたい方もいると思います。そのような場合は、速達希望の旨を開示請求申込書に記載し、通常の手数料1,000円に加えて速達料金として300円を余分に支払えば、信用機関が速達で対応してくれるので安心です。

 

一つ注意する点として、個人の信用情報についてですが、電話では本人かどうかの確認が正しく行えませんので、どの信用情報機関も電話では教えてくれません。

 

多重申し込み状態の方がお金を借りたい場合はどうすればいい?

審査に落ちたという情報は個人信用情報機関に残っていますが、クレジットカードや消費者金融の申し込み履歴が保存されるのは半年間だけです。半年以上の期間を空ければ、同じクレジットカード会社や消費者金融に再度申し込んで審査に通すことも可能になるのです。

 

もし多重申し込みで断られた場合は、半年以上の期間を空けて再度申し込みをしてみましょう。その時は必ず1社だけに絞って申し込みしてください。

 

また、多重債務状態の人は半年以上の期間を空けてもまだ断られる可能性が高いですから、まずは債務の整理を行いましょう。今あるカードが限度額いっぱいだから、次のカードを作ってお金を借りて……という状態は避けましょう。

 

個人信用情報機関には、利用したクレジットカード、消費者金融の名前や借り入れ金額など、すべての債務の記録が残っていますから、まずは債務を減らし、多重債務から抜け出したうえで申し込んでください。