キャッシングの借り換えのメリットと具体的手順

キャッシングの借り換えという言葉を聞いたことがありますか?今回は、返済の負担が大幅の軽減するキャッシングの借り換えについてご紹介します。

 

借り換えのメリット

キャッシングの借り換えとは、いま利用しているキャッシング会社よりも金利の低い会社から借り入れ、ローンを組みなおすことです。

 

日本の法律では総量規制があり、年収に対して3分の1までしか借り入れすることはできません。もし、年収が300万円の場合は借りられる上限は100万円までとなります。これは、複数の消費者金融会社から借り入れした合計、もしくは1社だけの借り入れに限らず、借入金額が3分の1になった時点で、他社を含めて貸し出しをしてくれなくなってしまうのです。

 

この法律が制定された理由として、利用者の返済能力を超えるお金の貸し付けを行い、回収不可能状態に陥ってしまう、いわゆる貸し倒れを未然に防ぐ狙いと、利用者が借金地獄に苦しめられないようにするためです。ですが、この総量規制の対象になることなく、例外として年収の3分の1を超える貸し付けを行ってくれるのが、「おまとめローン」です

 

キャッシングの借り換えの中でも、複数のキャッシング会社から借りている場合は、金利の低い金融機関に借り換える「おまとめローン」を利用して返済先を1本化します。

 

キャッシング借り換えには以下のような複数のメリットが考えられます。

 

  1. 返済回数を減らせる
  2. 毎月の返済金の減額
  3. 金利の減少
  4. 返済しやすさ
  5. 精神的に楽になる

 

複数の金融会社から借り入れがあると、毎月複数回返済する必要があり、「いついつまでには、この金融会社にいくら返済しないと」と、管理が非常に大変です。しかし、1本化すれば1回で済みます。1社からの借り入れにすると、いままで複数社に対して返済していた金額の合計よりも、毎月の返済金額は下がることが多いので、金銭的な負担も減り、かなり楽になります。

 

おまとめローンを提供している会社は、1本化してもらうための材料として、複数社から借り入れているときよりも、利用者が楽になる条件で契約を勧めて来るので、金利も下がる場合が多いです。

 

返済の回数が減ることにより、返済そのものが楽になります。ある金融会社は、近所のコンビニでは返済ができなかったり、手数料がかかったりするので、離れた場所にあるATMに支払いに行ったりと面倒ですが、1社にすることにより、返済しやすくなります。そして「複数社から借りている」という精神的不安から解消されるのも、キャッシングの借り換えの大きなメリットです。

キャッシングの借り換えの手順

キャッシング借り換えの手順をご紹介します。それほど難しい手順はありませんので、借り換えを考えている人は早めに取りかかりましょう。

 

低金利の金融会社に申し込む

いま借り入れている会社よりも低金利の金融会社を見つけたら、インターネットか窓口で申し込みを行います。

申し込みに必要なのは氏名・住所・年齢・性別・勤務先の情報などです。申し込みをしたら在籍確認と審査を待ちます。

 

在籍確認

勤務先に「○○さんいらっしゃいますか」という電話がかかり、在籍確認が行われます。これは消費者金融だけでなく、銀行のローンでも同じように行われるものです。電話をかけてくる人は金融機関名を名乗らないので、会社に債務があることを知られることはありません。

 

返済能力の審査

申し込んだ人の信用情報をもとに、返済できるかどうかを審査されます。重要視されるのは申告内容と食い違いがないか、過去の取引において延滞や不払いといったトラブルがないかどうかです。過去(5年から10年の間)に延滞・不払いなどの事故情報が残っている場合は、ほとんどの場合で借り換えはできません。また、借入件数が多い場合も申請が通りづらくなりますので、可能な限り整理してから申し込んでください。

 

申込件数のチェック

短期間に複数の金融機関に借り換えを申し込んでいると、信用情報に影響します。数か月の間に3個所に借り換えを申し込んで審査に落ちていたら、その人は貸し倒れリスクがあると診断され、審査に通らなくなってしまうのです。

最初の会社で審査に落ちたから、2社・3社……と繰り返し申し込むのは逆効果です。複数社から借りている場合はできる限り整理し、審査が通りやすい環境にしておいてから申し込むのが大切です。

 

借り換えで注意すべきポイント

現在は「総量規制」があり、貸金業者が個人に貸せるのは年収の3分の1までです。年収300万円の人が借りられるのは総額で100万円までですから、すでに複数社から100万円借り入れている場合は借り換えができません。全額借り換えができない場合もありますので、おまとめローンを考えている人はその点に留意してください。

 

また、借り換えるときに注意するべきポイントは、前述したように複数社に申し込むのではなく1社で審査が通るように整理してから申し込むことです。1社の審査に落ちたからと言って次々申し込んでも、審査に通る確率は低くなるだけですから、申し込む金融会社は絞っておきましょう。