キャッシングにおける「信用情報」とは?

キャッシングの審査では、「信用情報」が重視されます。この信用情報とは、そもそも何なのでしょうか?信用情報の詳細や、審査への関係性についてご紹介します。

 

信用情報とは信用の根拠となるデータのこと

個人信用情報は氏名や住所、電話番号、勤務先からなる「属性情報」と、金融機関からの借入状況、契約期間、借入回数、自己破産や遅延などの事故情報からなる「利用状況情報」で構成されています。個人の取引事実に基づき、「申込者を信用して取引を行えるかどうか」を客観的に判断する情報です。

 

これらの情報は「信用情報機関」に登録されており、登録を拒否することはできません。キャッシングやクレジットカードを申し込んだら、すべて信用情報機関に登録されることになります。

※個人の情報と言っても、思想や、宗教、趣味趣向などの情報は、利用者の取引における信用性との客観的な因果関係は認められないので信用情報には含まれません。

 

信用情報機関がデータを保管し、キャッシング会社にデータを共有している

信用情報機関とは、金融、クレジット会社から提供された利用者個人の取引に関わる情報を管理、共有することにより、キャッシング利用者と各加盟会社の信用取引を助ける役割を持つ機関です。

 

現在、日本には以下の3つの信用情報機関があります。

 

CIC

JICC(日本信用情報機構)

・全銀協(全国銀行協会)

 

この信用情報機関には、すべての銀行や消費者金融、キャッシングやクレジットカードを発行している会社が加盟を義務づけられています。キャッシングやクレジットカードの申し込みがあった際に、申込者の過去の取引における返済状況、借入金残高、延滞した回数や期間などを紹介し、審査の可否を判断するのです。

 

事故情報(ブラックリスト)とよくある勘違い

誰もが耳にしたことがある「ブラックリスト」とは、信用情報機関に延滞などの事故情報が載っている状態のことです。過去にキャッシング利用やクレジットカード払いなどの取引を行い、滞りなく期日内に返済している状態を「ホワイト」……返済期日を過ぎている状態を「ブラック」と呼んでいます。個人の信用情報のデータベースに事故情報が記載されることを、ブラックリストに載っている(書かれている)と表現する場合があるのです。

 

誤った認識をされている方も多いのですが、数日程度の返済遅れや滞納、多少のリボ払いの残高が残っている状態はブラックに該当しません。それぞれの金融機関、会社によっても異なりますが、一般的には3か月を目安にして、支払いを延滞するとブラックリスト入りします。

 

ですが、3か月以下に返済していたとしても、滞納を何度も繰り返すことによって信用性を低下させてしまう場合もあり得ますので注意が必要です。

 

これ以外の理由として、自己破産や債務整理などを行った場合も、貸し出す側の立場で考えると、「貸し出しても法律的に借金をゼロに、もしくは減額される恐れがある」と判断され、ホワイトな利用者とは言い難いのでブラックな情報になります。

 

もしブラックリストに載せられたとしても、永遠にクレジットカードやキャッシングが利用できないわけではありません。借入金の3か月以上の返済遅延に関しては平均して約5年間、自己破産の記録に関しては平均で10年間程度となっており、その期間を過ぎた場合は、信用情報機関に登録されている個人情報から削除されます。

 

また、事故情報を含めて、信用情報はCICなどの信用情報機関に直接行くか、郵送、もしくはスマホやパソコンでインターネット申し込みを行えば開示してくれます。郵送の場合は、書類が送られてくる前に、請求を行った信用情報機関から本人確認の電話があり、その後に封筒で郵送されてきます。

 

自分が利用しているキャッシング会社、クレジットカード会社の名前、それぞれの返済状況などが記載されているので、過去にどれだけ借りて、いくら返済したか思い出せない場合に便利です。

 

審査時にマイナスに働く信用情報の項目

審査時にマイナス評価となるのは以下の項目です。

 

・現在支払い中の借金総額

・支払い中のローン契約社数

・滞納、延滞の回数

・毎月の返済総額

 

これらはマイナス評価となる項目です。

ローンを組んだりお金を借りたりすること自体は悪いことではなく、法的にも問題はありませんが、キャッシング会社やクレジット会社は返済能力を審査します。そのため、毎月の返済金額が多すぎる場合、評価されないのは当然のことなのです。

 

あまり知らない信用情報の範囲について

これはキャッシングやクレジットカードの利用履歴だけではありません。携帯電話の分割払いや家族分の支払いも一応は「ローン」ですから、信用情報としてはマイナスの部類に入ります。しかし、ローンを完済したことはその後プラスの評価として残りますから、きっちり支払いを行っていれば問題はありません。

 

そして自己破産や30日以上の返済遅滞は最大のマイナス情報であり、事故情報です。ローンを組んだ時は返済が遅れないようにしておくことが大切ですね。